デジタルツールを用いた
コンサルティングのご案内

ERP導入支援
コンサルティング ~事業規模拡大を支える
システム構想策定のご支援~

事業規模拡大を支える
システム構想策定のご支援

目的

● 会社の成長戦略に沿ったシステム基盤構想の策定

● 属人化排除や非効率業務の排除(ガバナンス強化)

ERP導入支援コンサルティングの
対象範囲

Phase 1
システム課題の可視化

ブラックボックス化した
システムの可視化と
システム基盤構想の仮策定

● 各システムにおける機能に対して利用用途、目的を明確化

● 経営層が考えるシステムへの要求事項や理想像をディスカッションにて洗い出し、今後の貴社のビジネス戦略に沿ったシステム構想を検討

● データの流れを考慮し二重入力や多重メンテナンスといった実運用の障害となる要素を排除したToBe像を策定

Phase 2
IT投資計画の作成

IT投資予算の概算額、
スコープや優先順位の策定

● システム構想を基にリプレイス/改修スコープの確定

● 対象スコープにおける各システム課題の対応方針の策定と、解決すべき優先順位の策定

● システムリプレイス/改修に必要となるIT投資予算の概算額の策定

Phase 3
システム導入

システムのリプレイス/
改修を行い、
システム基盤構築実施

● 解決すべき課題と優先順位を明確にした上で、システムリプレイス/改修を実施

● 非効率性を排除する人事給与業務改善(BPR)の実行

● 必要に応じてシステム要求事項の作成

ご活用例 このような企業に
おすすめです

考慮する要素が多く、各システムの選定方法がわからない

扱うシステムが増え、運用負荷と運用コストが増えた

データの収集や加工に時間がかかり、リアルタイム分析ができない

単純リプレイスではなくあるべき姿に向けてガバナンスを強化したい

成果物例

コンサルティングの全体像
- ERP導入支援
コンサルティング -

TC:タナベ経営
GWP:グローウィン・パートナーズ
RFI:情報提供依頼書

Phase I システム課題の可視化

実施事項と役割分担

  • ● システムリプレースの初期段階として実施するIT構想化において、貴社にて実施すべき内容と弊社にて実施すべき内容について役割分担を行います。

    ● 問題点の整理や分析、課題抽出等を弊社が担当することで、全社基準での俯瞰した視点を保持することが可能となり、最適なToBeシステム像の策定を実現します。

成果物

ToBe像の策定

システム構想策定

  • お客様

    Step 1業務/課題の可視化のためのヒアリング

    Step 2システムToBe像のディスカッション・策定

  • TC・GWP

    Step 1対象システムの機能一覧・目的・用途の可視化、および追加ヒアリング

    Step 2システムToBe像のディスカッション・策定支援

各Step実施事項および成果物
  • 実施事項

    対象のシステムについて機能一覧を作成。合わせて各機能の利用用途と目的を利用者へヒアリング等を通して可視化する。経営層へのヒアリングにより、システムに求める要件についてディスカッションを行った上で、課題解決優先順位等を検討する。

  • 成果物

    ヒアリングフォーマット
    (社内アンケート用)

    業務における問題点を抽出する為のフォーマット(社内アンケートとして展開可能なもの)を提供致します。

    AsIsシステム鳥観図

    現在のシステム鳥観図を作成いたします。

    課題一覧

    ■本プロジェクト対象となっている領域について、経営陣・現場部門の方々から課題をヒアリングし、下記課題一覧表に弊社からの対策方針を記載いたします。

    ■各課題がシステムで解決すべき問題なのか、運用で解決すべき問題なのかを分類し、今回のシステム投資に影響がある、かつ重要度&緊急度が高い課題を抽出いたします。

  • パターン別ToBeシステム鳥観図

    貴社のToBeシステム鳥観図をシステムリプレイスパターン毎に作成し、システムリプレイス案を検討する為の基資料として提供致します。各パターン毎の鳥観図を作成する事で、システム別にのせるべき業務の可視化を行います。

    報告書

    現在のシステム鳥観図を作成いたします。

    ディスカッションレポート

↓

Phase II IT投資計画の作成

PhaseⅡにおける役割分担

  • Phase1で可視化したシステム課題を基に、IT投資計画を作成するための投資予算概算資料の作成や、対応スコープ・優先順位の策定をご支援いたします。

※ Phase2実施事項については、Phase1終了前に別途ご提案いたします。

成果物

投資計画策定・発注

システム構想策定

  • お客様

    IT投資予算の概算額、スコープや優先順位の確定

  • TC・GWP

    投資の意思決定を行うため、
    課題優先事項の策定、
    RFIの作成、およびベンダー評価の実施

各Step実施事項および成果物
  • 実施事項

    ToBeシステム鳥観図と課題一覧表をもとに、システム要求事項を整理。優先順位を付けた後、各ベンダーへ情報提供依頼を行い、IT投資予算の概算額を算出しする。その後投資計画・スコープ・対応優先順位等を決定。

  • 成果物

    RFI

    Phase1にて策定した課題事項・システム要求事項について、各ベンダーに情報提供依頼(見積の依頼)を行うためのRFI(Request For Information)を作成いたします。

    ベンダー評価表

    貴社と協議の上策定した評価項目に対して、弊社からの評価と貴社の評価を合わせ、公平な視点からベンダーの評価を行います。

    報告書

    RFI実施後、各社の提案内容をもとに比較表を作成し、報告書へ集約いたします。

その他
プラン

~ERP実施支援(ミニマム)~

ERP実装支援コンサルティング

業務標準化・会計システムリプレースのご提案

事業規模拡大に応じ、拡張性を考慮した会計システムの選定をご支援。
現行の事業単位に細分化している業務プロセスを可視化し、業務負荷の低減とジョブローテーション可能な体制の構築に向けた改善策を立案・支援致します。

詳しくはお問い合わせください

その他
プラン

~ERPプレミアムプラン~

IT構想化支援コンサルティング

基幹システム構築コンサルティングご提案

基幹システム構築コンサルティングでは、現状の課題を抽出、システムのあるべき姿を可視化した上で全体計画を策定します。最適化されたIT投資計画に基づき、中期経営計画を実現する為のシステム構想を実現します。

詳しくはお問い合わせください